サルココッカ・フミリス

雨上がりに買い物へ行こうと玄関スロープを下ると
濃厚な甘い香り。
ハナミズキの足元に植えたサルココッカフミリスが
たくさんの白く小さな花をつけていました。
今年はとても花付きがよい気がします。
何にも手を掛けず植えっぱなしなのに何が違うかな?と考えて
ストーブの排気が思い当たりました。
いままでハナミズキの根元を直撃してた排気口ですが
今シーズンに入る前、煙突を立ち上げて
上に排気があがるようにしました。
今までの排気口もそのままにしてあるのですが
暖かい空気は当然上に向うので、
サルココッカへの影響はだいぶ無くなったと思われます。
どうやら、たくさんの花をつけるには
冬の間にしっかりと寒さを味わう必要があるみたい。
地上100cm未満のところに嗅覚探知機がある娘には
相当強く感じるらしく
「このにおいナニ!?」って思わず鼻をおさえる仕草も若干ありますが…(汗)
[PR]
by tanosi-ie | 2011-03-02 19:46 | 草花木