プール熱 4歳男児の場合

咽頭結膜熱(厚生労働省ホームページ)

結局、先週末からの息子の高熱は ぞくにプール熱と呼ばれるものでした。
かなりの流行ぶりだというので 同じ思いをしているお子さんも多いことでしょう。
こどもがつらい思いをしているのに 代わってやれないのが親としてはなおつらい。
まだ本調子とは言えないけれど 今日はやっと36℃台で一日過ごすことができたので
ここでちょっと息子の場合の経過を記しておきます。

14日(金) 朝 37.4℃ 動きが鈍いので幼稚園を休ませる
        昼 39.4℃ 体温急上昇のわりに 元気
        夕 小児科受診 この段階では検査は受けていない
          抗生物質と感冒剤を処方される

15日(土) 熱は39℃後半から最高40.2℃まで
        食欲減退 好物のフルーツやお菓子すら一口程度

16日(日) 明け方 3:30 嘔吐 ほとんど水分だけ
              4:00 嘔吐 ひたすら水分だけ
        救急外来で小児科のある病院へ電話相談
        『今の段階で(脱水症状が心配だとは思うが)水分を摂らせると
        ますます胃を刺激して吐き気をもよおすので2時間くらい
        一切飲ませずに様子を看てください』とのこと。
        何らかの処置をしておさまるということではないから
        来院されてもすることはないとの回答。
      これについては下痢など他の症状がないことや年齢(体力)
        過去の病歴にもよると思われるので一概には当てはまらない


        鼻詰まりがひどく「鼻が痛い!」と泣く。
        鼻腔内が腫れているのではないか・・・
       
17日(月) 体温はずっと39℃台後半
        両目から目ヤニが出始める。 充血はそれほどでもない。
        食欲は依然として無し。
        顔は2まわりくらい小さくなったようで目の下にはクマ。やつれてる。

18日(火) やっと連休が明け小児科再診。検査アデノ(+)陽性。
        ひさしぶりに39℃台前半の数字を見る。
        ドクター曰く
        『プール熱はこれといった特効薬もない。5日くらい39℃台が続く。
        症状もプール熱の典型。』
       
19日(水) 幼稚園終業式 もちろん欠席。
        学校法定伝染病指定なので登園停止扱い。
        夕方頃から 38℃台後半に下がる。
        食欲は通常の半分くらいまで持ち直す。
        鼻の炎症と目ヤニは続き、充血が目立つ。

20日(木) 朝 36.6℃ 本人も幾分スッキリとした顔つき。
        悪態をつく元気が出てくる・・・? 目ヤニ治まるが充血アリ。
        一日を通して36℃台で平熱。鼻詰まり続く。久しぶりの入浴。

週末から雨が続き気温が低くなったので彼にとっては過ごしやすかった様子。
これが梅雨明け宣言なんか出ちゃって真夏日が続いてたら親もバテてたと思う。
(地方によっては災害もありました。そちらの方々にはお見舞い申し上げます。)
息子は比較的発熱には強いほうのようですが、それでも今回はさすがに
厳しかったと思われ、あちこちでゴロゴロ転がってました。
大人しくベッドで寝とりゃいいのにとも思うのですが・・・

掛かり付けの小児科医、たぶん14日の受診の段階でプール熱を疑ってたと思います。
でも初期だと検査結果が曖昧のこともあるらしいし、プール熱の場合は
早期確定で処置方法が変わってくるということもないのでこういう対応だったのでしょう。

今まさに高熱と戦ってるこどものママさん達、看病頑張ってください!                                                               

       
       
[PR]
by tanosi-ie | 2006-07-21 02:45 | 3号の日々