カテゴリ:家づくり実施編( 36 )

個室化

d0043926_20233782.jpg我が家の個室といえば寝室が昨日まで唯一でしたが
子ども室に面した吹き抜けとフリースペースとの仕切りに
それぞれ大きな引き違い戸が入り、別空間登場。
「これでオレ1人で遊べる♪」とは息子の弁。
淋しがり屋のクセに生意気なことを・・・
しばらくのあいだ、
夜中に暗がりでガサゴソ寝ぼけてたら
たぶん本気で建具に正面衝突しそう(笑)

こちらの都合でなかなか着工できなかったにも関わらず
当初のお願いどおりに進めてくださいまして
ありがとうございました。

d0043926_20264111.jpgd0043926_202749.jpg
[PR]
by tanosi-ie | 2007-10-30 20:29 | 家づくり実施編

第二期工事・・・?

たのしい家:引き渡しを受けてから1年と4ヶ月。
2Fは寝室とフリースペース+子ども室という造りで、
子ども室を独立したものにするのは早くても息子が小学校にあがって
自分で勉強できるようになってからと思っていました。
が、暮れの出産を控え、寝室に親子4人だと夜中の授乳やらオムツ替えが
幼稚園児の睡眠妨害につながる可能性もあるだろうということになり
しばらくは住人1号&3号、2号&4号にわかれて寝られるスペースが
必要になりました。
そこで子ども室を建具で仕切ってもらうための工事をお願いし
昨日「い」大工さんに来ていただきました。
(朝は現場監督「の」さんも同行されました。)
どうやら「い」大工さんと1号は同世代らしく仕事の合間には
自転車レースの話で盛り上がり1号はとっても楽しかったみたいです。
(相手をしていただいてありがとうございました。)
2Fの敷居のほかにも1Fに棚を取り付けていただきました。
去年の暮れに
「うちって鏡餅お供えする場所ないよね」ってことに初めて気づき
神棚ってほどではないにしても視線よりちょっと上に
季節モノを飾れるスペースがほしいと。
子ども室に建具が入るのは2週間くらい先になるそうですが
敷居や鴨居が入るだけですっかり個室の雰囲気になりました。
[PR]
by tanosi-ie | 2007-10-16 19:10 | 家づくり実施編

引き渡し

本日ついに田中工務店社長より引渡しを受け、無事終了しました。

一生に一度あるかないかの家づくりをこんなに充実したなかで終えられたのは
田中工務店との出会いがあったからこそです。
だからここまで家づくりについて関心が持てたのだと思います。
家は人の手によってつくられるということを、アタマではわかっていても
こんなふうに目の当たりにし実感できたこと 本当に感謝しています。
もちろんこれからが始まりでやっと序章が終えたに過ぎませんが
たのしい家づくりを経験できたこと 心から感謝します。
じつに多くの方々のご協力・ご支援のもと 我が家は完成しました。
これからも末永くよろしくお願いいたします。

というわけですが・・・

現場監督さま、消しゴム落としませんでした?
[PR]
by tanosi-ie | 2006-06-21 00:20 | 家づくり実施編

見学会

昨日・今日と見学会がありまして午後から家族3人で行ってみると
玄関に靴がたくさん並んでいてびっくり。
雨にもかかわらずたくさんの方を迎えることができて新米の家もきっと大喜び。

息子の遊び相手をしてくれたお兄ちゃんどうもありがとう。
2人の楽しそうな様子に「なんてたのしい家なんだ!」って感動すら覚えました。
もしかしたらペレットストーブのお仲間もできそうな気配があったりしてワクワク♪

じぶんちバンザ~イ\(^o^)/
d0043926_23195130.jpg


※見学会ルールを無視しフライングで大騒ぎしてしまった息子を放置してしまい
関係者の皆様ゴメンナサイ。
[PR]
by tanosi-ie | 2006-06-18 23:22 | 家づくり実施編

つくりばなし

少し歳の離れている兄弟がいます。
お兄ちゃんは修行中の弟のことが気がかりであれこれと言います。
弟も自分なりの意見を伝えようと頑張るのですが
結局はお兄ちゃんのほうが勝っちゃいます。
「おむつ取っ替えてやったの誰だと思ってんだ!」的気迫も漂います。
2人が仲良しこよしの場面は見たことがありませんが
でも根っこでは気が合ってるんだろうな・・・とても良い雰囲気の兄弟です。
事件は会議室で起きてるんじゃない!現場で起きてるんだ!!

そして、さすらいのガンマンがいます。
どこからともなくやってきて、ときに陽気に、ときに寡黙に
引き受けた仕事をこなしていくのです。
町のみんなは最初「よそ者が来た」と思います。
いつのまにか顔馴染みになり、少しずつ言葉を交わすようになるのですが
ようやく町に溶け込んできたかと思う頃
彼はふっと町を出て行くのです。
町から町へ、けっして長くは留まらないのです。
もうじき彼はこの町からも去っていくでしょう。
あ・・・彼が手にしていたものは拳銃ではなくカナヅチでした。
[PR]
by tanosi-ie | 2006-06-17 02:26 | 家づくり実施編

こどもの椅子

新居では長年の正座から椅子に座っての食事に変わります。
高度成長期真っ只中の息子には Rybo社 フレキシットジュニア を選びました。
子ども椅子と言えばSTOKKE社が有名で、当初はトリップトラップを選ぶつもりでしたが
walkestさんのブログで初めてリボ社を知り見ればとってもイイカンジ♪
北欧って子どものモノに手を抜かないですねー
我が家にとっては値の張る品でしたが成人して家を出るまで
息子にはコレに座っていただきましょ~ということで。(なんなら孫の代まで)
明日明後日の見学会でご覧いただけます。
[PR]
by tanosi-ie | 2006-06-16 11:55 | 家づくり実施編

まとめてみよう①

ほとんど毎日、しかも午前中ひとり身軽にじっくり見学したうえ
午後に息子が幼稚園から帰ってくると「現場に行こう!」と言うのでまた見学。
隣接する実家が仕事場になっている夫もいつでも見学できる身。
この点においてはズバ抜けて恵まれた工事期間を過ごすことができました。

さてさて、たのしい家の住人になれる日も近づきましたので
今までの振り返りながら少しずつ家づくりの整理をしてみようと思います。
大雑把に、きょうはまず、知ってる人も知らない人も見ることになる外観について。

とは言うものの、こちらで決めたことと言えば外壁の色と植栽。

外壁=ガルバ・角波・つや消しのシルバー系
夫が100%決定権を握った唯一のモノ。
 植栽=●ハナミズキ
「う~すべにいろの~♪ハナミズキで・・・」と監督に告げた夫。
      ●サルココッカ・フミリス
実物を見たこともないのに図鑑で見つけ
『日陰に強い・花がつく・香りがする』という文字だけで発注した未知の植物。
これは私の独断。

他にスロープ突き当たりに植栽スペースを残してもらうように頼みましたが
あとはほとんど全てお任せで良いようにしていただきました。

次回は屋内の設備について。(予定)
[PR]
by tanosi-ie | 2006-06-14 21:29 | 家づくり実施編

仰せのままに

昨日、玄関前の木塀を作ってくれていた大工の「に」さんが
お隣りさんちとの境目に立つ電柱を「じゃまですねぇ~」と仰ってたとか。
「に」大工が邪魔だと仰るならば、そりゃもう当然即どかしますよーっ!
というわけで本日早速移動してもらいました。
これでお気に召していただけるとよろしいのですが・・・
d0043926_2152714.jpg
な~んちゃって。
お察しの通り、ホントはお隣りさんで発注したと思われる工事。
新居の表札&ポストの前に無愛想な電柱が立っていたので
移動したというのが真相らしいです。
[PR]
by tanosi-ie | 2006-06-13 21:52 | 家づくり実施編

ダイニングテーブルとチェアは発注しました。
まだ注文していなくて日々の生活に欠かせないモノ・・・それはBED!
ず~っと和布団での生活でしたし畳部屋があるでもないし
早く決めなくちゃいけないんだけど、決められないその理由はサイズです。
うちはまだ親子3人川の字で寝ていて敷布団3枚並べてます。
だからと言ってシングルベッド3台並べるのは空間が許さないわけです。
1台はシングルでいいけどもう1台をセミダブルにするかダブルにするか。
なにせ息子の寝相の激しさったら大変です。
敷布団3枚の端から端まで転がってもまだ足りずに転がり出てる。
それはじつのところ母親譲りで寝相悪いのが大小2人してセミダブルでは
癒しの睡眠が得られないんじゃないかと。
旦那サンは寝相がよろしくていらっしゃるのでシングルで充分なのだけど。
どうしたものかな~ 
うちみたいな家族構成のお宅はどんな寝室にしてるんだろうか?
[PR]
by tanosi-ie | 2006-06-13 17:43 | 家づくり実施編

ケンガクカイ

午後、現場前に電気屋さんの車を発見。
ということは家の中に入れるんだよね・・・入っちゃいました。
あちこちに監督の最終チェックと思われるメモが書かれたピンクの養生テープ。
建具も納まって「あ~ここに暮らすのかぁ」とちょっとリアル感出てきました。
気配に気づいたのか隣家から夫の両親も現れてこっそりとプチ見学会。
やっぱりというかナント言うか義父からは微妙なコメントが少々。
まぁこれは生活が始まってちょくちょく様子を見てくれれば
必ずや納得していただけるものと確信してるので特には気にしてない。

照明器具も付いてました。全部点けると明る過ぎるくらいです。
吹き抜け&オープンな間取りでちょこっとした出入りならスイッチONせずとも
済んでしまいそうで経済的にもイイカンジです。

今度、子どもが幼稚園へ行ってるあいだにじっくりと見てみますが
例えばトイレの引き戸の納まりと収納扉の兼ね合いがみごとで気持ちいいです。
自分達が先輩施主宅の見学会にお邪魔するようになって最初のうちは
ただ漠然と眺めるしか見学の仕方がわからなかったのですが
回を重ねる毎にどこを見たらいいのか少しづつわかるようになり
それで自分達の家ではどんなふうになるんだろうと思う部分がたくさんありました。

そんなわけで突然ですが、見学会はたくさん行ったほうがいいです!
そして気に入った細工(?)があったら次の打ち合わせで
「○○さんとこで見た□□は?」とどんどん話に持ち出してしまう。
そうすると全く同じ様にするんではなくて
それぞれの家により良い形で提案をしてもらえると思うんです。
だから一貫したスタイルはあってもパクリにはならないし
どこでも一緒ということにはならないで、“じぶんち”ができるんだと思います。
1軒くらいしか見学してないと、どうしてもその家の残像が大きくなってしまい
じぶんちなのにじぶんちらしくないとなってしまうような気がする。
もちろんそうはならないのが田中工務店さんちの幅の広さであり
技術力であり心配無用ですけれど。

あれれっ、、、相変わらず話がまとまりなく何言いたいんだか???
つまりは監督不在時に忍び込むようにして見学して楽しかったというハナシ。
[PR]
by tanosi-ie | 2006-06-11 21:42 | 家づくり実施編