<   2006年 06月 ( 19 )   > この月の画像一覧

Be Urashima TORO

引越し準備に伴いネット環境とおさらばします。
依存症に片足し突っ込んどるので禁断症状も酷そうですが
しばらくの間なんちゃってスローライフを楽しんでみたいと思います。
復活しましたら またよろしくお願いいたします。
[PR]
by tanosi-ie | 2006-06-22 12:43 | 雑記

引き渡し

本日ついに田中工務店社長より引渡しを受け、無事終了しました。

一生に一度あるかないかの家づくりをこんなに充実したなかで終えられたのは
田中工務店との出会いがあったからこそです。
だからここまで家づくりについて関心が持てたのだと思います。
家は人の手によってつくられるということを、アタマではわかっていても
こんなふうに目の当たりにし実感できたこと 本当に感謝しています。
もちろんこれからが始まりでやっと序章が終えたに過ぎませんが
たのしい家づくりを経験できたこと 心から感謝します。
じつに多くの方々のご協力・ご支援のもと 我が家は完成しました。
これからも末永くよろしくお願いいたします。

というわけですが・・・

現場監督さま、消しゴム落としませんでした?
[PR]
by tanosi-ie | 2006-06-21 00:20 | 家づくり実施編

夏の収穫祭

年少サン生活も2ヶ月経ち
帰ってくると幼稚園での様子をひとしきり話してくれるようになりました。
今日はバスから降りるなり、「いいものあるんだ!見せてあげようか~」と自慢げ。
バッグの中から出てきたのは
d0043926_21452616.jpg
つやつやとした茄子でした。
先日、行事で園へ行ったので息子の鉢を探して見てみると親指ほどの実を
つけていたのですが紫のはずの実が黄緑色で、どうしたことかと目を凝らせば
そこにうごめくおびただしい数のアブラムシ・・・  キャーーーッ!
な~んてカワイイ悲鳴をあげるキャラではありませんのできっちり払い落としてきました。
あれから2週間、立派に育ち、自分達でハサミを使って収穫したそうです。
息子から「食べてもいいよ」と許可が下りたので有難く頂戴し
本日の味噌汁の具となりました。
d0043926_21534070.jpg
いつも断固として口に入れなかった茄子を今日は自分から進んで食べたので
「やっぱり自分で育てたものって違うのかなぁ」と感心してみていたら
噛みもせずあっというまに丸呑みしてた・・・いいんだろうか。
[PR]
by tanosi-ie | 2006-06-19 21:50 |

見学会

昨日・今日と見学会がありまして午後から家族3人で行ってみると
玄関に靴がたくさん並んでいてびっくり。
雨にもかかわらずたくさんの方を迎えることができて新米の家もきっと大喜び。

息子の遊び相手をしてくれたお兄ちゃんどうもありがとう。
2人の楽しそうな様子に「なんてたのしい家なんだ!」って感動すら覚えました。
もしかしたらペレットストーブのお仲間もできそうな気配があったりしてワクワク♪

じぶんちバンザ~イ\(^o^)/
d0043926_23195130.jpg


※見学会ルールを無視しフライングで大騒ぎしてしまった息子を放置してしまい
関係者の皆様ゴメンナサイ。
[PR]
by tanosi-ie | 2006-06-18 23:22 | 家づくり実施編

つくりばなし

少し歳の離れている兄弟がいます。
お兄ちゃんは修行中の弟のことが気がかりであれこれと言います。
弟も自分なりの意見を伝えようと頑張るのですが
結局はお兄ちゃんのほうが勝っちゃいます。
「おむつ取っ替えてやったの誰だと思ってんだ!」的気迫も漂います。
2人が仲良しこよしの場面は見たことがありませんが
でも根っこでは気が合ってるんだろうな・・・とても良い雰囲気の兄弟です。
事件は会議室で起きてるんじゃない!現場で起きてるんだ!!

そして、さすらいのガンマンがいます。
どこからともなくやってきて、ときに陽気に、ときに寡黙に
引き受けた仕事をこなしていくのです。
町のみんなは最初「よそ者が来た」と思います。
いつのまにか顔馴染みになり、少しずつ言葉を交わすようになるのですが
ようやく町に溶け込んできたかと思う頃
彼はふっと町を出て行くのです。
町から町へ、けっして長くは留まらないのです。
もうじき彼はこの町からも去っていくでしょう。
あ・・・彼が手にしていたものは拳銃ではなくカナヅチでした。
[PR]
by tanosi-ie | 2006-06-17 02:26 | 家づくり実施編

こどもの椅子

新居では長年の正座から椅子に座っての食事に変わります。
高度成長期真っ只中の息子には Rybo社 フレキシットジュニア を選びました。
子ども椅子と言えばSTOKKE社が有名で、当初はトリップトラップを選ぶつもりでしたが
walkestさんのブログで初めてリボ社を知り見ればとってもイイカンジ♪
北欧って子どものモノに手を抜かないですねー
我が家にとっては値の張る品でしたが成人して家を出るまで
息子にはコレに座っていただきましょ~ということで。(なんなら孫の代まで)
明日明後日の見学会でご覧いただけます。
[PR]
by tanosi-ie | 2006-06-16 11:55 | 家づくり実施編

まとめてみよう①

ほとんど毎日、しかも午前中ひとり身軽にじっくり見学したうえ
午後に息子が幼稚園から帰ってくると「現場に行こう!」と言うのでまた見学。
隣接する実家が仕事場になっている夫もいつでも見学できる身。
この点においてはズバ抜けて恵まれた工事期間を過ごすことができました。

さてさて、たのしい家の住人になれる日も近づきましたので
今までの振り返りながら少しずつ家づくりの整理をしてみようと思います。
大雑把に、きょうはまず、知ってる人も知らない人も見ることになる外観について。

とは言うものの、こちらで決めたことと言えば外壁の色と植栽。

外壁=ガルバ・角波・つや消しのシルバー系
夫が100%決定権を握った唯一のモノ。
 植栽=●ハナミズキ
「う~すべにいろの~♪ハナミズキで・・・」と監督に告げた夫。
      ●サルココッカ・フミリス
実物を見たこともないのに図鑑で見つけ
『日陰に強い・花がつく・香りがする』という文字だけで発注した未知の植物。
これは私の独断。

他にスロープ突き当たりに植栽スペースを残してもらうように頼みましたが
あとはほとんど全てお任せで良いようにしていただきました。

次回は屋内の設備について。(予定)
[PR]
by tanosi-ie | 2006-06-14 21:29 | 家づくり実施編

仰せのままに

昨日、玄関前の木塀を作ってくれていた大工の「に」さんが
お隣りさんちとの境目に立つ電柱を「じゃまですねぇ~」と仰ってたとか。
「に」大工が邪魔だと仰るならば、そりゃもう当然即どかしますよーっ!
というわけで本日早速移動してもらいました。
これでお気に召していただけるとよろしいのですが・・・
d0043926_2152714.jpg
な~んちゃって。
お察しの通り、ホントはお隣りさんで発注したと思われる工事。
新居の表札&ポストの前に無愛想な電柱が立っていたので
移動したというのが真相らしいです。
[PR]
by tanosi-ie | 2006-06-13 21:52 | 家づくり実施編

ダイニングテーブルとチェアは発注しました。
まだ注文していなくて日々の生活に欠かせないモノ・・・それはBED!
ず~っと和布団での生活でしたし畳部屋があるでもないし
早く決めなくちゃいけないんだけど、決められないその理由はサイズです。
うちはまだ親子3人川の字で寝ていて敷布団3枚並べてます。
だからと言ってシングルベッド3台並べるのは空間が許さないわけです。
1台はシングルでいいけどもう1台をセミダブルにするかダブルにするか。
なにせ息子の寝相の激しさったら大変です。
敷布団3枚の端から端まで転がってもまだ足りずに転がり出てる。
それはじつのところ母親譲りで寝相悪いのが大小2人してセミダブルでは
癒しの睡眠が得られないんじゃないかと。
旦那サンは寝相がよろしくていらっしゃるのでシングルで充分なのだけど。
どうしたものかな~ 
うちみたいな家族構成のお宅はどんな寝室にしてるんだろうか?
[PR]
by tanosi-ie | 2006-06-13 17:43 | 家づくり実施編

そうそう・・・

最近の息子はどうしてるかというと。

先月半ばの遠足欠席ののちも断続的に発熱がありまして
過去の病歴を振り返ってみると-------そっかぁ耳だ!!   ウカツでした。
息子は以前に滲出性の中耳炎をやっていて耳鼻科通いをしてた時期が
あるのですが、その時イヤな思いをしたことを引きずっていて
以来、耳が痛いってことをガマンして口にしなくなってました。
だから耳鼻科のドクターが
「こんなになってたら痛くて痛くて仕方ないはずだよ」と言うほどに
重症になっていたにもかかわらず彼は痛いだの痒いだの一切言わず
無意識に手を耳にやるということもなく--------- 返す返すも申し訳ない。
===== 急性中耳炎で即鼓膜切開 =======
その後は発熱することも欠席することもなく元気に過ごしています。
幼稚園児という職業柄(?)常に病気を移し移されるお互い様の状況に
身を置いているので、それによる再発を見過ごさないためにも
週1程度の通院チェックはしばらく続きますが、謎がようやく解けました。

それから
近所の幼稚園児や小学生のママから水疱瘡情報を聞くようになり
ワクチン接種してきました。
入園前に済ませる予定でいたのだけれどすっかり忘れてしまってた。
今度は時期を見ておたふくの予防接種も受けさせないとなりませんね。

で、一昨日の日曜日は父兄参観があり
地元の文化センター体育室を借りてのミニ運動会。
例えば年少サンなら【ちゃんと一列に並べるようになりました】みたいなところを
家族に披露するというような形で、あとは子どもと家族代表1名が組になり
お遊戯をしたりゲームをしたりという内容。
世界大会開催中ということでサムライブルーのシャツを着たパパも
ちらほらと居り、そうなれば親子でボールを蹴りながらゴールを目指すなんて
ゲームの時は当たり前のように、そのシャツを着たパパへの視線集中。
結果はいかに?????
相変わらず団体行動が嫌いな息子はお遊戯の輪にいても頑として
直立不動を保ち、なのに褒美のリンゴジュースには一番で駆けつけるありさま。
60人いる年少組の中で踊っていないのは息子と
彼の一番の戦友である仲良しSクンの2人だけ。
あなたたち、それって示し合わせてるの???
それでもその遊戯の輪の中に息子がいるというだけで涙が出てしまうとは
我ながらビックリです。
秋の運動会の時なんて大洪水でPTAの仕事こなせないかも(笑)
d0043926_8555588.jpg
一丁前の態度して現場にも出没中
[PR]
by tanosi-ie | 2006-06-13 09:03 | 3号の日々