<   2006年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧

小さくても庭は庭

朝晩過ごしやすくなり、手付かずだった玄関アプローチの僅かな土に
何かを植えようと思いを巡らせる日々が続いてます。
d0043926_2113218.jpg今の時期だと右手の木塀ぎわには午前中に2時間くらい日が当たります。正面は夕方に西日も差しますが、区別としては明るい日陰or半日陰と言ったところでしょうか(写真はすっかり夜だけど)。
手始めにレインボーファンを3株植えてみました。和名でクラマゴケとか呼ばれているらしく青緑の葉がとてもきれいです。
正面の木塀にはシンボルツリーのハナミズキや下草のサルココッカ・フミリスの開花とずれた時期に花を咲かせる蔓モノを這わせたいなぁと思っています。
あまり土に深さがないのでたくさん植え込まず、最初は「物足りないなぁ」と思う程度からゆっくりゆっくり成長を楽しみたいと思います。
[PR]
by tanosi-ie | 2006-08-29 21:27 | 住まい 暮らし

冬じたくの予告

『ペレットストーブ』をキーワードにアクセスしてくださる方が増えているようです。

*******ここでちょこっと予告を********

9月前半に信州型ペレットストーブ(近藤鉄工製)の施工工事が行われる運びとなり
ペレットも少し持ってきていただくことになっておりまして
実質稼動はまだ先ですが、たぶん使用説明を兼ねて試運転くらいはあるかと思います。
23区近郊ではたぶんまだそんなに普及してないと思いますし(ココは埼玉だけど)
素人がどんなふうにペレットストーブと付き合っていくことになるか
随時UPしていく予定です。
ガソリン代も上がってますしこの冬の灯油がタンク1本いくらになるか気になるところ。
ペレットストーブに興味がおありの方、もうしばらくお待ちくださいね。
[PR]
by tanosi-ie | 2006-08-29 00:13 | ペレットストーブ

d0043926_23283472.jpgこれが握手会というヤツでヒーローの人数も多けりゃ子どもの人数も多いし、握手というよりはHey!と手のひらを合わせる程度の流れ作業。もちろんヒーローショーも観てきましたが、すっかり見入ってカメラかまえるの忘れちゃいました。けっこうハマります。(笑)




d0043926_23354152.jpgアンパンマンショーもやっていてちょうど時間があったのでこちらも観賞&サイン会。
日頃の傍若無人ぶりとは裏腹に着ぐるみ系がけっこう苦手な4歳児。遠巻きに観て喜んでいましたが巨大なアンパン顔が目の前に迫りすっかり笑顔を失くしてました。(汗)

これで夏休みのおこさま孝行もとりあえず終了。松戸にあるBANDAIミュージアムが8月末で閉園(?)になるらしいのでバスに乗って20分程度のところだし、ここへも連れて行こうかと迷い中ではあるんですけど・・・
[PR]
by tanosi-ie | 2006-08-28 23:46 | 3号の日々

dokidokiナイト

4歳児坊主の名誉のために言っておきますが
ホントもう一方的な押し付けで就寝時に限り紙パンツをはいてもらってました。
紙パンツはいているからっておねしょをすることもなく
朝起きてまっさらな紙パンツを脱いでフツーの布パンツに履き替えるという毎日が
もう半年くらい続いてました。
(だってたまには使用済みになってるし。4歳児では当たり前デス)
家族揃って寝相が悪いので防水パットを敷くとなれば布団3枚全部にしておかないと
意味なくて、けど3枚買ってもねぇ~と思ってしまったり
湯上りには紙パンツという習慣に何ら不満を漏らすこともなかったのでついつい・・・

ところが今日
きっかけはなんだったか忘れたけどパンツの話になり
「紙パンツは赤ちゃんがはくんだよね~ボクは赤ちゃんじゃないからサ」と
前触れもなく脱紙パンツ宣言発布!

この機会を逃しちゃいけないんだよね
冷静を装いつつ「OK!じゃタンスからフツーのパンツ持っておいで」と私。

幼児のおねしょというのは躾だ育て方だナンダカンダという胡散臭い話は関係なく
単に体の機能が発達途中というだけのことで
本人が尿意で目が覚めてトイレに行くならともかく
文字通り寝てる子を起こしてまで夜中にトイレに強制連行なんていうのは
かえって円滑な成長ホルモン分泌を妨げることになるという小児科の通説を固く信じ
見守ってた甲斐があったというもの。(っていうか怠け親です、ハイ)

もちろんね
明日の朝あたふたとベッドパットを引き剥がしてる私がいることも想定内です。
今日は近所で夏を締めくくる盆踊り大会があって8時過ぎまでフィーバーしてたし
今夜は大丈夫でも明日の夜はどうだかわからない。
それでもなんでもいいんです。
いつでもどこでもマイペースなうちの坊主が誰に煽られることもなく
自主的に紙パンツとおさらばしようとしてるわけですから。

そんなこと書いてたって一番ドキドキして眠れてない母親だったりする。
[PR]
by tanosi-ie | 2006-08-27 01:24 | 3号の日々

こういうのも聴いてたり

d0043926_21234473.jpg彼女・aiko

いやはや

当然ながらもうすっかり

ターゲット外なのは承知ながら買ってしまいました。



とくに大ファンということもなく
aikoが出てきた頃にはだってもう恋愛ってのとは縁遠くなってたと思うわけで
でも先月だったか歌ってる姿をTVで観て
夏休みのドライブもあるしCD一枚くらい・・・ってことで夢の中のまっすぐな道を仕入れ
恋だ何だって盛り沢山な歌詞に
ワカイなぁだの、あまいなぁだの三十路過ぎの突っ込みを入れつつ聴いてたわけですが
あらっnewALBUM出たのねって
ついつい。

まっ、気だけは若くいたいですし。。。
[PR]
by tanosi-ie | 2006-08-25 21:21 | 雑記

こどもの職業体験施設

kidzania(キッザニア)

秋に豊洲にOPENするらしいです。
どんな仕事があるのかな~って様々な職業の真似ごとをしてみて
キッゾという専用通貨を稼いで買い物なんかもできてしまうそうです。
ままごとよりも高度なごっこ遊びを楽しみつつ
社会のしくみを学ぼうっていうコンセプトだとか。
ボウケンジャーになりたい我が家の坊主にはまだちょっと早いと思うけど
小学生くらいのお子さんがいたら楽しめそうですね。

日本はいろんな娯楽施設が出来ても束の間のブームのあと
人知れず幕を下ろしてたなんてことも多いので
願わくば息子が楽しめる年齢になるまでは存続してほしいものだ。

何年か前に13歳のハローワークって本が話題になりましたね。(14歳だっけ?)
手にとって立ち読みすらしてないのでどの程度の充実度がわからないけれど
そのくらいの年齢のうちから社会にはどんな職業があるのかということに興味を持って
その職業に就くためにはどんな過程が必要かというのを知るチャンスを持てるというのは
いいですね。
所詮は本人の好奇心次第なのでしょうが、私自身があまりに漠然と生きてきて
イイ年した大人になってから「へぇーこんな仕事あるんだぁ~」とTVを前に
小さく驚いてたりすることも多いので・・・(汗)
[PR]
by tanosi-ie | 2006-08-20 21:34 | 3号の日々

カレンダー②

カレンダー とけい

年の途中ということもあり、時計もカレンダーも壁掛けは当面見送ることにして
場所ごとに考えることにしました。
で、家事コーナーの窓辺にはブロックの万年カレンダーを。
d0043926_1640644.jpg
キッチンにも窓辺に置けるサイズの時計を探しているところです。
[PR]
by tanosi-ie | 2006-08-19 16:41 | 住まい 暮らし

プール

d0043926_16124548.jpg
夏期保育のあいだ毎日幼稚園でプール三昧だったようで
プールを出せ出せとせっつかれ・・・
まだ10時前だって言うのに、朝風呂じゃないんだから。
[PR]
by tanosi-ie | 2006-08-19 16:13 | 3号の日々

物干し2号

2Fべランダは3人家族の日々の洗濯物を広げて干すのに充分な広さですが
当たり前なことに雨の日にはどうしようもありません。
この季節 子どもが日に4~5回はTシャツやパンツを着替え
シャワーを浴びればタオルも増えるし、1日洗濯機を休ませると
えらく厄介なことになります。
で、そんな時に重宝しているのがフリースペースに設けた物干し2号!
これも机上の打ち合わせでは出てこなかったのですが
現場が始まって見学してた旦那が大工の『に』さんに
「ここは洗濯物干しの吊り金具つけられますかねぇ~」とたずねたらOKとのことで
追加してもらった案です。(そんなわけで見学会時はありませんでした)
金具の長さはベランダ同様で背の低い私の手が届くように合わせてもらいました。
d0043926_1618273.jpg

この竿ですが、おわかりの通り普通のステンレスのものではありません。
旦那がホームセンターで調達してきたタモ材の棒です。
せっかくの室内の雰囲気を壊したくないからと探してきたようです。
「コレ何?」と考えればそれはもう洗濯物干し以外に思いつくものもないけれど
ステンレスよりは生活感が滲み出てないと思うし、なにしろ重宝しています。
[PR]
by tanosi-ie | 2006-08-19 15:17 | 住まい 暮らし

平常通り

あっというまに休暇を終えて平常運行(?)に戻りました。
毎年のことですがキャンプから帰って車庫に収まった車のドアを開けて感じること。
空気がまずい。一晩経てば忘れてしまうのだけれど。
[PR]
by tanosi-ie | 2006-08-17 20:29 | 雑記